↵back

title Materialien (E)

artist Peter Piller

publisher Nieves

size 155x205mm/Softcover/68 pages

edition -

price ¥2400+tax

 

 

Peter Piller

ピーター・ピラー

1968年ドイツ、フリッツラー生まれ。ドイツ、ハンブルグ在住。1990年代半ば、ピーター・ピラーはハンブルグ造形大学在学時、通信社で働きます。仕事内容は、有料広告の切り抜きやモニターを集め分析することでした。リチャード・プリンスがタイム・ライフ社で働いている間にカウボーイのシリーズのアイデアを得たように、ピーター・ピラーも独特の著しい数の写真を発見します。ピター・ピラーの作品は、そこには他の人が気づかないような非常にユニーク且つ非常に繊細で斬新なセンスが際立ち、何年間もの間にコレクションしたイメージ、アーカイブ写真を用い、反復、シリーズとして作品を見せています。実際、7000以上ものイメージを収集しています。本作は、スイスにあるヴィンタートゥール写真美術館での自身のエキビジョンに伴い刊行されました。自身の言葉によれば”生理的な要求を我慢しても死なない、タイムカプセルに押し込むみたいに時間に紛れるけど、突然また我慢できなくなる、そんなふうにこれから1000年先に写真を通して突然表れる”と仮定します。ヴィンタートゥールを散歩し自身の観察したビジュアルがカメラに写され、フォトグラフィに閉じ込められるというユニークなアイデアです。注意深く本作品集を見ると、どのページにも遠くに点のような鳥の姿を発見することができます。